自分の両親と私の家族の三世帯で、マリアナ諸島に家族旅行へ行った際、夫と二人でサイパンカジノを楽しんじゃった。

サイパンカジノはまるで、宮殿のような豪華な施設だった。まずは初心者でも気軽に楽しめる、スロットをやりました。

コインを入れ、スイッチを入れるだけの簡単操作なんですが、少額でも当たると嬉しく、何度もチャレンジ。ほとんど日本で流行ってるコインゲーム感覚と同じ。

一時間ほどスロットに夢中になっていたと思います。その後、ルーレットに移動。こちらには日本人のディーラーがいるので、分からない事は彼に聞くと教えてくれます。

ルーレットは勝ったり負けたりを繰り返し、初心者なので2万円ほどかけに使った時点で「もう損したくない」という気持ちから、サイパンカジノ体験は終了。

トータル的には、3万円ほど負けちゃいましたが、大人が楽しむ事の出来る社交場だと感じるよ。

サイパンカジは勝ち負けに関係なく、リゾートの旅をまたワンランク違ったモノにしてくれました。

見ごたえがある作品

無差別事件で夫を亡くした文(あや)と、これらを止めようとして犯人と格闘したが、過失で文の夫をやってしまった弁護士・長部。

故意で無いとは言え、罪の意識で声を失っちゃった彼は、弁護士という未来を捨て、家を捨てトラックドライバーとして、ひっそり生きていた。

そんな出会っちゃいけない2人が、魅かれあっていく様を描いたのが「コントレール〜罪と恋〜」。

人気脚本家の大石静の作品である。NHKのドラマは、全体的に暗いテーマを題材としたものが多いが、骨があって見ごたえがある作品が多いのも確か。

メインの2人を演じるのは石田ゆり子と井浦新。これまたいい俳優を使ってくる。「コントレール」と言うのは「ひこうき雲」のこと。

この作品のタイトルであり、キーワードでもある。是非、ご覧あれ。

初めて独立生活をする時は、正直始めるまで、どのくらい一人暮らしの光熱費等が必要なのか、中々実感がわきませんでした。

それでも生活の中で大口になる家賃は、事前に分かりましたし、通信や教養娯楽は概ね変化無い。

飲食は外食中心か自炊するかで違ってきますが、それでも大体は見積もる事は可能。

一人暮らしの光熱費については、実家の請求書を見せてもらったけど、計算方法が複雑すぎ、見当がつきません。

結論は、1R~1DKで月額電気代7000~12000円、ガス代~5000円~、水道代2000円が一人暮らしの光熱費の平均数字かな。

電気は冬場の暖房と夏場のクーラーで、大きく変わります。ガスと水道は自炊するかどうかと、風呂を使う頻度で差はありますが、それでも月に2~4000円ぐらいの差だけ。

それと暖房が何を動力源とするかで、で内訳は代わりますが、総額はあまり違いません。

一人暮らしの光熱費で最もウェイトが大きいやつは、夏場のクーラー代+5000円は違います。冷暖房機を使う時期を外せば、総額はあまり違いません。